瀬戸内海の島で週末起業!あなたのスキルを活かした“小商い”の実践

週末に瀬戸内海の島の空き家に滞在し、趣味や特技を活かして“小商い”をしませんか?

瀬戸内海の入り口、姫路市にある家島諸島は最盛期の人口から現在は半減してしまいました。
それに伴って、空き家が増加し、また商店や飲食店が少なくなりつつあります。
しかし、関西圏からのアクセスの良さにより、観光に来られるお客さんは増えています。
どうしても観光で来られる方のほとんどは一度限りとなってしまい、少しさみしさを感じていました。
一方、これまでの様々なまちづくりの取り組み(空き家改修事業、島の特産品企画販売事業等)には定期的に島に通い活動してくれている人たちが多くいます。
そこで、観光と移住の間に位置する“定期的に島に通い、活動する人”を増やすことで、島の魅力を新たに創出してもらおうと考えました。
求められながら、島に今ないものはたくさんあります。
たとえば、美味しいコーヒーが飲める喫茶店。
島の海鮮を使った洋食のお店。
おしゃれな手作りのアクセサリーのお店。
美味しいパンやケーキが買えるお店。
商品となるのは物販だけでなく、SUPなどのマリンスポーツ体験やデザイン制作などの技術や体験も商品として考えられます。

あなたの“小商い”をいえしまコンシェルジュがサポートします。

これまで、島で活動しようとするとその滞在拠点は旅館しかありませんでした。
今回は島の空き家をいえしまコンシェルジュが借り、参加者のみなさんと一緒に片付けや簡単な整備をすることで、島の滞在拠点とします。
また、実際に参加者の商品を販売する場所(空き店舗)も用意します。
いえしまコンシェルジュでは、これまで島の観光ガイドをはじめとして、土産物の開発や特産品の販売など、営利非営利を問わず、様々な取り組みを行ってきました。
島内の資源はもちろん、島内外を問わず人的ネットワークが蓄積されています。
あなたが“小商い”を実践するために、いえしまコンシェルジュがサポートいたします。
島の食材を使って商品を作りたい!自分のスキルを活かして地域に貢献したい!とお考えの方、大歓迎です。
自分一人で、すぐに何かを始めるのは難しいけれど、いずれ何かを始めたい!あるいは、他のスキルを持った人とコラボして取り組みたい!と考えている方も大歓迎です。
そういった方々がこの取り組みを通して出会い、つながり、新たな活動が生まれることも魅力の一つだと感じています。

小商い”を通して、島の暮らしに触れてください。

“小商い”をきっかけに島の人たちとたわいのない会話をすることも魅力のひとつです。
島の人たち、島に関わる人たちとの関係性を紡ぎ、この家島が、みなさんの居住地、仕事場と違ったもう一つの“帰る場所”となることができれば嬉しいです。

プロジェクト名 瀬戸内海の島で週末起業!あなたのスキルを活かした“小商い”の実践
事業主体 いえしまコンシェルジュ合同会社
URL http://ieshimacon.com
実施時期 随時
募集人数 数名
申込資格 趣味や特技を活かした小商いを考えている方
問い合わせ・申し込み方法 下部フォームより行ってください。
申し込み期限 特になし
費用負担 交通費・食費等は実費。
報酬 小商いの売上げ
食事 なし(みんなで集まって食べましょう)
宿泊 整備した空き家に寝泊まりします
アクセス
姫路市家島町真浦港(詳細は参加者にお伝えします)
その他(注意事項等) *空き家の簡単な整備・片付けから参加者のみなさんと一緒にしようと考えています。日程等については追って直接メールします。

コンタクトフォーム

お問い合わせの件名(自動設定)

問い合わせ内容

メールマガジン購読