ワーキングホリデー飯田

3泊4日で農家のお手伝いをしてみませんか?「ワーキングホリデー飯田」参加者募集!

澄んだ空気、清流、四季折々の変化に富んだ気候。この地域では、自然の恩恵を受けながらさまざまな農作物がつくられています。

市田柿の干し柿 「ワーキングホリデー飯田」は、“農業や農村に関心がある”“将来就農を考えている”“農家の生活を体験したい”という方と、繁忙期の人手を必要とする地元の農家を、飯田市が仲介役となって結ぶ援農ボランティア事業です。観光目的ではない、まじめに農業を取組んでみたい方を地元の農家が受入れ、寝食を共にしながら農作業をお手伝いいただきます。この事業を全国に先駆けてスタートしてから、今年で20年目を迎えました。年間約400名近い方にお越しいただき、その6割以上がリピーターの方です。

日々の暮らしではなかなか経験できない農作業や田舎暮らし、農家との交流を通じて、『飯田を第二のふるさと』や『遠い親戚の住む地域』のように感じていただきたいと考えています。

”脳作業”ちょっと休んで”農作業”

ワーキングホリデー飯田は、「経験がなくてもできる農作業」をお任せするもので、春は果樹の花摘みや花付け、野菜の種まき。秋は稲刈りやりんごの収穫、地域の名産である「市田柿」の収穫や加工作業をお手伝いいただきます。

りんごの収穫 スケジュールに従って作業を行う体験農業とは異なりますので、お世話になる農家さんごと、必要とするその日その日の作業を手伝っていただくこと になります。

これからの時期は、丹精込めて育ててきた、りんごや柿の収穫や、地域の特産品「市田柿」の加工作業に忙しくなります。
忙しい日常から少し離れて、おいしい水や空気、そして優しい心で育まれてきた、くだものや野菜たちに触れてみませんか。

お客様ではなく家族同様に受入れます

この事業は、観光を目的としたものではなく、真剣に農作業をやってみたい方と、忙しい時期の手助けが欲しい農家が、お互いの足りないところを補い合うパートナーシップ事業です。 ほぞ切り作業 したがって、農家へはお客さまとしてではなく、家族同様の普段の生活で滞在していただきます。

これまでに、のべ6,600人余の皆さんにお越しいただきました。男女比はほぼ半々で、日本各地から様々な年齢の方に来ていただいています。中には、自分の田舎へ帰るように、年に数回同じ農家さんで作業をされていく方もいらっしゃいます。また、この事業に何度か参加するうちに、飯田へ移住した方、新たに農業を始められた方もいらっしゃいます。

プロジェクト名 ワーキングホリデー飯田
事業主体 飯田市農業課 ワーキングホリデー飯田事務局
URL http://www.city.iida.lg.jp/site/waki/
実施時期 通年
募集人数 人数の制限は設けていません
申込資格 ・農業や農村に関心をお持ちで、農作業をまじめにやってみたいとお考えの16歳~69歳までの方
・小さなお子様連れの参加やペットを連れての参加はご遠慮ください
問い合わせ・申し込み方法 お問合せは下記のフォームより。お申込みはインターネット又は申込書請求のうえFAXか郵送のいずれかでお送りください。

◆ワーキングホリデー飯田事務局
TEL:0265-21-3217 FAX:0265-52-6181
URL:http://www.city.iida.lg.jp/site/waki/
申し込み期限 通年(随時受け付け)
費用負担 ・往復の交通費
報酬 なし
食事 受入れる農家で提供
宿泊 受入れる農家で提供
アクセス
ワーキングホリデー飯田事務局(飯田市農業課内)
長野県飯田市鼎東鼎281番地
その他(注意事項等) ・参加者全員に事務局負担でボランティア保険を適用します。
・農家が忙しい時期の支援制度ですのでお客様扱いはできません。また、農作業のできない方は農家に滞在できません。
・農家の仕事は多岐にわたり、熟練を要する作業もあります。お手伝いいただく内容が限られる場合もありますのでご了承ください。
・農作業時に動きやすく汚れてもかまわない服装を各自でご用意ください。軍手や長靴など農作業に必要な用具は各農家で用意します。
・タオル類、洗面用具、シャンプー、リンス、寝間着等はご用意ください。
・食べられないものやアレルギー等がある場合は事前に申し出てください。
・公共交通機関で来られる際は、受入れ農家で最寄りの駅、またはバスターミナルまで送迎します。車で来られる際は、分りやすい場所までご案内します。事前に行き帰りの計画を農家とご相談ください。
女性

70代 / 女性
東京都

りんごの収穫、出荷の荷詰め  参加回数:毎年
いつもいつも楽しい作業でうれしいです。出荷されるりんごは一部で、小玉や実割れはジュースになってしまいます。もう少し生食に回せたらとつい思ってしまいます。 農家さんの家庭の中に入れてもらって、野菜の処理の方法を教えてもらったり、育て方を見るのは楽しいです。 農家さんの暮らしぶりを見て、大変だけど豊かな生活をしていて、いいなあと思います。

男性

40代 / 男性
愛知県

干した柿の取り外し作業  参加回数:初めて
初めての作業が新鮮で、単純な作業でしたが無心になれて楽しかったです。 アットホームな雰囲気とそれほど気を使わないでいられる感じが妙に心地よかったです。 ワーキングホリデーは、農家さんにとっても参加者にとってもメリットがあるし、観光で訪れるだけでは分からない事も感じることができて良いと思います。

女性

60代 / 女性
愛知県

柿の収穫・吊るし、りんごの収穫・発送  参加回数:毎年
市が参加者と農家さんを取り持ってくれるので、とても安心して参加しやすいと思います。交流会では、飯田ならではのねぎだれおでんやおたぐりがあり良かったです。 いろいろな農家さんで農作業をお手伝いしたり、食事作りを一緒にしたり、お茶の時間に漬物や果物の加工方法を教えていただくことが多く、それがまたとても楽しみです。何度もお世話になっている農家さんから作物をもらって家で加工するなど、自宅に帰っても楽しむことができました。2005年から参加していますが、日頃できない農作業は楽しくて心が安らぎ、本当にこのワーキングホリデーに出会って私の人生は豊かになった気がします。

女性

40代 / 女性
愛知県

干し柿のヘタ切り、大きさの選別  参加回数:初めて
普段の生活では接点のない人たちや地元の方たちと一緒に仕事ができたことが良かったです。 お世話になった農家のお母さんが手早くおいしい料理を作ってくれました。他にも農作業の合い間に色々な仕事をされていて、同じ主婦として感心させられました。 将来、移住を検討しているので、また違う季節に参加したいです。

男性

40代 / 男性
愛知県

りんご・ブドウの収穫  参加回数:11回以上 
普段しない仕事ができ、リフレッシュできます。ずっとお世話になっている農家さんにはいつも温かく迎えてもらい、感謝しています。この制度で少しでも農家のみなさんの助けになればよいと思います。 今後もこの制度を続けてください。

男性

60代以上 / 男性
奈良県

りんごの収穫  参加回数:3~5回
りんごの収穫は初めての体験だったので新鮮でした。手摘みで一個ずつりんごの収穫をしていくのはなかなか骨の折れる作業だというのを実感しました。農家さんの繁忙期で人手がかかるときに一時的にお手伝いができるのは非常に合理的だと思います。 また参加したいです。

男性

50代 / 男性
奈良県

りんごの収穫と選別  参加回数:11回以上
自然の中で過ごすのは気持ちが良くて、日頃のストレス解消と癒しになりました。また、微力ながらお世話になっている農家のお役に立てることがうれしいです。いつも温かく迎えてくれ、故郷に帰ってきたような気持ちになります。 役所の対応もよく、ボランティア保険にも加入してもらえるので、安心して参加できます。

女性

60代 / 女性
東京都

りんごの収穫作業  参加回数:5回
農家さんの苦労がとてもよくわかりました。りんごをひとつひとつ丁寧に扱っておられ、味わい深いです。毎回の食事や10時と3時のおやつには、おいしいものをたくさんいただきました。 ワーキングホリデー事業を続けるのは大変かと思いますが、ぜひ継続してください。

コンタクトフォーム

お問い合わせの件名(自動設定)

問い合わせ内容

関連プロジェクト

メールマガジン購読