FOLLOW メルマガ

矢祭もったいないプロジェクト

「もったいない」が合言葉!  農都のつながりをつくるプロジェクトをプロデュースしてみませんか。

「もったいない」が合言葉!  農都のつながりをつくるプロジェクトをプロデュースしてみませんか。  矢祭町は福島県の最南端に位置する人口6千人弱の小さな町です。平成13年の「市町村合併をしない矢祭町宣言」を契機として独自の行政改革に着手し、「もったいない」を合言葉に抜本的な財政改革に取り組んできました。

「もったいない」が合言葉!  農都のつながりをつくるプロジェクトをプロデュースしてみませんか。  その精神は様々な分野で発揮され、全ての蔵書が寄贈図書による図書館「もったいない図書館」、市場流通に乗らない規格外の農産品による「もったいない市場」という2つのユニークな取り組みを生み出しました。そして、このような取り組みは全国の支援者の協力があってこそ実現し継続してきたものであり、町と町外、農村と都市とのつながりや交流の礎ともなっています。

「もったいない」が合言葉!  農都のつながりをつくるプロジェクトをプロデュースしてみませんか。  このたび町では、このような農都のつながりをつくる取り組みを一層推進するために、「矢祭もったいないプロジェクト」として、わたしたち地域の者と一緒に農都交流事業のプロデュースに取り組んでいただける方を募集します。
 新たな「もったいないプロジェクト」の立案や既存プロジェクトの発展プラン、またはみなさんが発見した地域資源を活かした地域づくりプランなど、みなさんの視点やアイデアを活かして、矢祭の「もったいない」の新たな展開を探っていただければと思います。
 小さな町だからこそ、1人の小さなアイデアが大きく町を変えていくことがあります。「THE 田舎町」矢祭で、農村と都市とのつながりをプロデュースしてみませんか?

みなさんの視点やアイデアを活かした事業プランの作成

みなさんの視点やアイデアを活かした事業プランの作成  本プロジェクトでは、東京で開催する4回の講座(ワークショップ)と現地での活動(フィールドワーク)を通じて、事業プランの作成等に取り組んでいただきます。
※4回の講座(ワークショップ)は、土曜日午後に実施します。
※現地活動は、土日に1泊2日で実施します。
※現地活動に必要な矢祭町までの交通手段や宿泊施設は町が用意します。

 9月に実施する初回のワークショップとフィールドワークでは、まずわたしたちの地域について学んでいただくことから始まりますが、その後は主体的にプランの作成に取り組んでいただくことになります。参加者同士でグループを組んで、または個人で、プランを作成していただき、12月にはその発表を行っていただきます。地域の者ではなかなか気づかない、みなさんの視点やアイデアを活かしたユニークなプランの提案や、その後の具体的なアクションへの参加にも地域の者とともに取り組んでいただけるとうれしく思います。

みなさんの視点やアイデアを活かした事業プランの作成  プランの作成や具現化に必要となる地域の関係者との調整やサポートは、町の事業課が中心となって特産品開発協議会、もったいない図書館、商工会などが行います。なお、2回の現地活動に必要な矢祭町までの交通手段や宿泊施設は町が用意します。
 地域づくりに関する知見や業務経験をお持ちの方、マーケティングやブランディングの業務経験をお持ちの方、そして何よりも、このプロジェクトを楽しんでいただいて、わたしたちと共に意欲的に取り組んでいただける方のご参加をお待ちしています。

「もったいない」が合言葉!

「もったいない」が合言葉!  全国からの寄贈による図書館、矢祭の規格外農産品による市場など、「もったいない」を活かしたプロジェクトは、全国の「もったない」・矢祭の「もったいない」のどちらに着目していただいてもかまいません。
 空き家や耕作放棄地、廃校などの公共施設、埋もれた地域資源、地域の人材など、全国にはさまざまな「もったいない」と、それらの利活用の可能性が眠っていると思います。
 矢祭では、このような「もったいない」を合言葉に地域づくりを行い、農都の交流を一層推進していきたいと考えています。
 そして、矢祭で生まれた「もったいないプロジェクト」が他の地域にも波及し、地域の活力につながっていくとうれしく思います。地域に元気がないのは、もったいない!

「もったいない」が合言葉!

名称 矢祭もったいないプロジェクト
事業主体 矢祭町事業課
URL 8/3(土)開催 「矢祭もったいないプロジェクト」説明会
実施時期 第1回講座:2019年9月7日(土)14:00~17:00
第1回現地活動:2019年9月21日(土)~9月22日(日)
第2回講座:2019年10月5日(土)14:00~17:00
第3回講座:2019年10月26日(土)14:00~17:00
第4回講座:2019年11月16日(土)14:00~17:00
第2回現地活動:2019年12月21日(土)~12月22日(日)
募集人数 15名程度
応募者多数の場合は、参加者の選定を抽選とさせていただく場合があります。
応募結果は、2019年8月23日(金)までに電子メールで連絡をいたします。
申込資格 ・観光業や農林業(生産・流通・六次産業化など)、地域資源を活かした産業振興、シェアリングエコノミー等の分野の知見や業務経験をお持ちの方。
・事業企画、マーケティング、ブランディング、IT活用などの業務経験をお持ちの方。
・首都圏で幅広い人的ネットワークをお持ちの方や、まちづくり、異業種交流のコミュニティ等で活動をされている方。
・4回のワークショップと2回の現地活動の全てに参加可能な方。
・PC(パソコン)をお持ちで、電子メール等での資料のやりとり、プレゼンテーション資料の作成(Microsoft PowerPoint)が可能な方。
問い合わせ・申し込み方法 下部のフォームよりお問合せ・お申し込みください。
※募集の詳細については、8/3(土)に東京・秋葉原で説明会を開催し説明させていただきます。
申し込み期限 2019年8月16日(金) 17:00まで
費用負担 プロジェクト参加費:10,000円(税込)
・現地活動における東京⇔矢祭町間および現地での活動にかかる交通、宿泊は矢祭町が手配します。
・町が手配する交通機関・宿泊施設を利用いただく場合、その費用は町が負担し参加者の費用負担はありません。
報酬 報酬はありません。
食事 飲食にかかる費用は参加者の自己負担となります。
宿泊 2回の現地活動における宿泊は町が提供します。
アクセス 【第1回~第4回講座会場】
ビジョンセンター日本橋(本館4階 401)
東京都中央区日本橋室町1丁目6−3


その他(注意事項等)

コンタクトフォーム

お問い合わせ・お申し込みの件名(自動設定)

application】矢祭もったいないプロジェクト

内容 (必須)

利用規約 に同意する
※ご入力いただいたメールアドレス宛に受け付け完了のメールを送信いたします。
メールが届かない場合は再度送信いただくか、YOITOKOに関するお問合せフォームよりお問い合わせください。
ドメイン指定受信の設定をしている方は、「yoitoko.city」ドメインを許可する設定に変更してください。