おもろいの学校

【12/6(日)16時開催】おもろいの学校#03「ビジネスと“おもろさ”の両立」

【12/6(日)16時開催】おもろいの学校#03「ビジネスと“おもろさ”の両立」日時:12月6日 (日) 16:00-19:00
会場:オンライン(zoom)にて開催します。前日に参加申し込み者にURLをご案内します。
申込:以下のエントリーフォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください。(12/3締切)
https://forms.gle/nwYWfCMNpK4afnxc7

料金:無料
定員:50名
内容:
・講演「ビジネスと"おもろさ"の両立」 武田 昌大 氏
・セッション「"おもろい"はいかに持続できるか」 武田 昌大 氏 × 田中 輝美 氏
・話題提供「洲本から始まる3つのプロジェクト」
PJ①:洲本市若手職員とともに、「おもろい洲本」のまちづくりに繋がるプロジェクトを育てる【みんなで育てる“おもろいの種”プロジェクト】
PJ②:洲本市で学生のための拠点整備を行い学生の活動を支援する【洲本市拠点整備】
PJ③:土地への新たな回路を開く観光事業をつくる【「名もなき観光」事業】
・ワークショップ「事業の価値を捉えなおす」

・ゲスト:武田 昌大 氏(シェアビレッジ株式会社CEO)
・ゲスト:田中 輝美 氏(ローカルジャーナリスト)

「おもろいの学校」とは?

「おもろいの学校」とは?https://bankalanka.com/
https://www.facebook.com/bankalanka.sumoto/

多くの関係人口と地域づくりに取り組んできた淡路島洲本市を舞台に、多彩なゲストと関係人口の次のステージを描く全4回の連続企画「おもろいの学校」。
これまで2回開催し、「おもろい」の意味や大切さについて学んだり、「おもろい」をカタチにしていくワークショップを開催しました。その結果、3つのリードプロジェクトが「おもろく」育ちつつあります。
そして第3回では、この3つのプロジェクトにビジネスや持続性のエッセンスを加え、更に「おもろく」するためのワークショップを実施します。
辞書に載っている「面白い」ではなく、私たちなりの「おもろい」をつくりだす方法を一緒に考えませんか?

こんな人に参加してほしい

○こんな人に参加してほしい
・これからのローカルビジネス、まちづくりに関心がある
・自身の取り組みやチームに「おもろさ」を取り入れるヒントが欲しい
・自分たちの町に「関係人口」を生み出す秘訣を知りたい
○キーワード
#関係人口 #地域づくり #ローカルビジネス #おもろさ #企画 #SDGs

○主催:洲本市域学連携推進協議会(洲本市役所企画課内)
○共催:龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター(LORC)
○お問い合わせ:以下のコンタクトフォームまで

名称おもろいの学校
事業主体洲本市域学連携推進協議会
URLおもろいの学校
実施時期第1回2020.9.13、第2回2020.10.17、第3回2020.12.6、第4回2021.1月下旬
募集人数50名
申込資格なし
問い合わせ・申し込み方法お問い合わせ:以下のコンタクトフォームまで
第3回申し込みフォーム:https://forms.gle/nwYWfCMNpK4afnxc7
申し込み期限第3回申し込み期限は2020.12.3
費用負担なし
報酬なし
食事なし
宿泊なし
アクセス
その他(注意事項等)

コンタクトフォーム

お問い合わせ・お申し込みの件名(自動設定)

application】おもろいの学校

内容(必須)

利用規約に同意する
※ご入力いただいたメールアドレス宛に受け付け完了のメールを送信いたします。
メールが届かない場合は再度送信いただくか、YOITOKOに関するお問合せフォームよりお問い合わせください。
ドメイン指定受信の設定をしている方は、「yoitoko.city」ドメインを許可する設定に変更してください。