FOLLOW メルマガ

愛媛県西条市

(さいじょうし)

YOITOKO 地域概要 関連
プロジェクト

若者世代が住みたいまち日本一!

若者世代が住みたいまち日本一! 四国に位置する人口11万人の愛媛県西条市は、西日本最高峰の石鎚山がもたらす名水百選「うちぬき」が各所で湧く「水の都」。瀬戸内海にも面し、海・山・まちが揃い、アウトドア環境も充実。四国屈指の工業・農業都市で仕事も豊富。ICT教育など子育て環境も充実。就労・子育て環境良好な豊かな市で、都会からの移住者も急増中です。
そんな西条市は、(株)宝島社が発行する『田舎暮らしの本』2月号の特集「2020年版 住みたい田舎ベストランキング」若者世代が住みたい田舎部門で、西条市が全国1位を獲得しました!
また、西条市の「移住先としての魅力」が体験でき、東京・大阪などからの往復交通費も含めた交通費・宿泊費・食事すべて無料で、地域の人に会え、西条市での生活が実感できる!と大好評の西条市の個別「無料」移住体験ツアーは、2020年も予定しています!
大好評!西条市個別「無料」移住体験ツアー♪詳しくは、こちらから。
https://live-in-saijo.com/

市内各所で「うちぬき」の水が湧き出す水の都

市内各所で「うちぬき」の水が湧き出す水の都 西条市は、全国的にもまれな被圧地下水の自噴地帯が広範囲にわたって形成されています。一帯では15~20メートルの鉄パイプを打ち込むだけで、良質かつ豊富な地下水が自然に湧き出してきます。その自噴水や自噴井は「うちぬき」と呼ばれ、飲料水としての利用はもちろん、数々の利水産業の興隆を促してきました。
これは本市が「水の都」と呼ばれるゆえんであり、環境庁(現環境省)の「昭和の名水百選」や、国土庁(現国土交通省)の「水の郷」に認定され、平成7年と8年には岐阜県で行われた全国利き水大会で2年連続日本一のおいしい水に選ばれるなど、そのおいしさが認められています。

水の循環が感じられるアウトドアのまち!

水の循環が感じられるアウトドアのまち! 西条市では、アウトドア活動の促進による地域経済の活性化を進めています。その活動の拠点機能を有する施設として「アウトドアオアシス石鎚」を整備いたしました。登山に行く前の情報収集、用品調達をはじめ、キャンプ、サイクリング、カヤックなどアウトドアアクティビティが好きな方、これからアウトドアにチャレンジする方など、多くの方に楽しんでいただける施設です。
また、西条西部公園内にある「石鎚クライミングパークSAIJO」は、高さを競うリード競技、完登数を競うボルダリング競技、速さを競うスピード競技用の施設を備えた国内有数の競技場で、初心者から世界トップレベルの選手まで快適に楽しんでいただけます。施設名の「石鎚」は、西条市のシンボル・西日本最高峰の石鎚山(1,982m)のことです。
2018年5月には、JOC(日本オリンピック委員会)からスポーツクライミングの競技別強化センターの認定を受けました。
「水の循環が感じられるアウトドアのまち」西条市に、是非一度、お越しください。

水の循環が感じられるアウトドアのまち!

地域概要

人口 109,659人(男性52,979人、女性56,680人)※平成30年11月末日現在
面積 509.98平方キロメートル
世帯数 50,441世帯※平成30年11月末日現在
高齢化率 31.5% ※2019年版年齢別住民基本台帳より
アクセス 西条市


主な産業 農業・水産業、工業
主な特産品 はだか麦、あたご柿、春の七草、水稲、ほうれん草、きゅうり、アスパラガス、海苔など
主な祭り・イベント 「西条まつり」
観光情報サイト 今どき西条(西条市観光物産協会WEBサイト)
移住情報サイト LIVE IN西条
ふるさと納税サイト 西条市ふるさとチョイス