FOLLOW メルマガ

山形県村山市

(むらやまし)

YOITOKO 地域概要 関連
プロジェクト

「かおり風景100選」認定 東沢バラ公園

「かおり風景100選」認定 東沢バラ公園 東沢バラ公園は、日本有数の規模を誇るバラ園と3つの湖を中心とした美しい公園です。
平成14年にグランドオープンしたバラ園は、約7ヘクタールの広さに世界各国の約750品種、2万株余りのバラが咲き誇り、甘い香りに包まれています。
代表するバラとしては、村山市のオリジナルのバラ「むらやま」や平和の象徴「ピース」、古くて貴重な品種「バイオレット」などが挙げられます。
見頃は6月上旬から9月下旬。最盛期にはバラまつりが開催され、さまざまなイベントがおこなわれます。
平成13年10月には全国のバラ園で唯一、環境省から「かおり風景100選」の認定を受けました。
平成27年4月には全国展開されている「恋人の聖地」に認定されています。

最上川三難所そば街道

最上川三難所そば街道 山形県の母なる川、最上川。
舟運時代、その中流にある碁点、三ヶ瀬(みかのせ)、隼の三地点は、通過するのに困難を極めたため「最上川三難所」と呼ばれ、船頭たちに恐れられていました。
しかしその三難所も、陸路の発展とともに交通路から観光名所へと変わり、今では「奥の細道」にも登場した雄大な流れを眺めながら舟下りを楽しむことができるようになりました。
三難所沿いにあることから名の付いた「最上川三難所そば街道」では、13軒のそば屋で「板そば」やそば粉を練った「かいもち(そばがき)」など、各店様々で個性的なそばが味わえます。

天然じゅんさい

天然じゅんさい 村山市にある「大谷地沼」(通称:じゅんさい沼)では毎年六月中旬から八月初旬まで、箱舟をあやつりながらのじゅんさい採取風景が続きます。

じゅんさいとは、スイレン科の水生多年草で蓮の仲間です。食用となるのは若芽の透明な「ヌル」と言われる寒天質に覆われた部分で、和食の中でも高級食材として扱われます。

また、天然のじゅんさいは珍しく、これまで地域の人々の奮闘により保全されてきました。
この自然の恵みを次世代に繋ぎ、夏の風物詩となったじゅんさい沼に浮かぶ箱舟の風景を守っています。

地域概要

人口 23,741人(H30.3.1現在)
面積 196.98k㎡
世帯数 7,696戸(H30.3.1現在)
高齢化率 35.0%(平成27年統計情報に基づく)
アクセス 村山市役所
山形県村山市中央一丁目3-6


主な産業 農業、製造業
主な特産品 バラ、さくらんぼ、そば
主な祭り・イベント 東沢バラ公園バラまつり、むらやま徳内まつり、段々ロングな雛まつり 最上川S-mileマラソン、全国各流居合道大会
観光情報サイト むらやま観光なび
移住情報サイト
ふるさと納税サイト