FOLLOW メルマガ

群馬県片品村

(かたしなむら)

YOITOKO 地域概要 関連
プロジェクト

尾瀬

ラムサール条約登録湿地であり本州最大の高層湿原・尾瀬ヶ原をはじめ、尾瀬沼、アヤメ平、至仏山、燧ヶ岳など個性的な自然環境が展開する尾瀬国立公園の地区となっています。四季の風景や豊富な高山植物で訪れる人を魅了します。
自然保護の観点から湿原等には木道が整備され、木道は総延長約57kmとなります。
春の訪れを告げる水芭蕉、夏を彩るニッコウキスゲ、秋に草紅葉や紅葉で賑わい、10月下旬には初冠雪となり長い冬を迎えます。

尾瀬

日光白根山・丸沼

日光白根山・丸沼 関東以北最高峰の日光白根山をメインに、日光国立公園の区域となっています。
日光白根山ロープウェイで標高1,400mの山麓駅から2,000mの山頂駅まで登る事が出来ます。山頂駅周辺には、時期によりシラネアオイやコマクサなどの高山植物を観賞できるロックガーデンが整備されています。
丸沼では、ルアーやフライフィッシングが楽しめ、国の重要文化財であり珍しいバットレス式の丸沼ダムがあり、ダムカードも配布しています。(片品村観光協会で配布※ダムへ行った証明用写真必要)
本州一の透明度を誇る菅沼では、カヌーやサップの体験も出来てキャンプ場が整備されています。
日光まで通じる国道120号の東小川地区には、とうもろこし街道と呼ばれる20件以上の焼きとうもろこし及び野菜の直売所があります。

武尊(ほたか)

武尊(ほたか) かつては修験道の行場だった上州武尊山。その山麓では、高地トレーニングや映画のロケ地となった幻想的なブナ林の森林浴、群馬県の天然記念物であるレンゲツツジ約15,000株の群落を見ることができます。
標高約1,500mのキャンプ場では、ログハウスやジンギスカンハウスが整備されています。
地元の地区では、春の訪れを告げる大山桜の「天王桜」が有名で、周辺には民宿、旅館、ペンションが多く、人工芝やグランドを利用したスポーツ合宿が盛んです。
日本遺産認定ストーリー「-かかあ天下-ぐんまの絹物語」の構成文化財である「永井流養蚕伝習所実習棟」や村の重要文化財である「蚕稲荷」、「穴観音」といった当時代表的な産業であった絹産業の遺産も存在しています。

地域概要

人口 4,390人(2015年国勢調査)
面積 391.76k㎡
世帯数 1,667世帯
高齢化率 34.48%
アクセス 片品村役場
群馬県利根郡片品村鎌田3967-3


主な産業 農業、観光(登山、各種合宿、ウインタースポーツ)
主な特産品 高原野菜(トマト、大根、レタス、とうもろこし)、ブルーベリー、リンゴ、花豆(紅花インゲン)、大白大豆、えごま、水(平成の名水百選)
主な祭り・イベント 猿追い祭り(国重文)、越本御神火祭、尾瀬及び日本百名山(至仏山・日光白根山・武尊山)の山開き、片品村収穫祭、各種スキー大会
観光情報サイト 片品村観光協会
移住情報サイト 田舎暮らし応援サイト 空き家&仕事バンク
ふるさと納税サイト