北海道美瑛町

(びえいちょう)

YOITOKO 地域概要 関連
プロジェクト

見て楽しい 観光王国 びえい

見て楽しい 観光王国 びえい  「丘のまち びえい」として知られる美瑛町。
 この丘が生まれたのは、200万年前から繰り返し続く十勝の峰々の大噴火をきっかけとしています。泥流や火山灰が堆積し、自然の赴くままにこの丘と平地が形成されました。そして、1900年頃から続く開拓と農業によりこの波状丘陵地帯が創造されています。
 そして美瑛町には、十勝岳の恵から誕生した美しい農村風景と源泉100%掛け流しの「びえい白金温泉」や、「青い池」、「白ひげの滝」など観光の見どころが多く、また、四季がはっきりしているため、丘や山々の風景は、豊かな緑~紅葉の秋~一面の雪景色へと季節毎にまったく異なる表情を見せてくれて、飽きることなく四季の移り変わりを楽しむことができます。こういった特徴のある美瑛町には、美しい眺めと安らぎを求め年間241万人もの観光客が国内外から訪れています。

食べて美味しい 農業王国 びえい

食べて美味しい 農業王国 びえい  町の主要産業は農業です。小麦や大豆、ビート、じゃがいも、アスパラ、トマト、米など幅広く生産されています。上川盆地の真ん中に位置する美瑛町は、東西の山々に囲まれ、夏の時期でも昼夜の寒暖差があります。作物は気温が下がると中に糖分を蓄えるため、甘い野菜に育ちます。
 また、畜産業では「びえい牛乳」や牛肉、豚肉が生産され、食の安全に対する意識が高まる中、「おいしくて安全・安心」な美瑛ブランドとして全国にファンを増やしています。
 今年も素晴らしい出来秋に向け農作業が行われています。農家の営みで生み出される美しい風景を見ながら食べる作物は、どの地で育ったものよりも美味しく感じることでしょう。

住んで幸せ 移住王国 びえい

住んで幸せ 移住王国 びえい  旅行で訪れたり、風景写真を見たりしたことがきっかけで美瑛に憧れ、毎年、多くの方が転入されています。新規就農の方、カフェやペンションを経営する方、退職後の悠々自適な暮らしを満喫する方など「美瑛ならではの新しい生き方」を見つけています。
 美瑛町には移住を検討中の方の悩みや疑問を一緒に解決する移住定住コーディネーターが常駐しており、移住に向けてのサポート体制が整っています。また、移住・子育て・福祉支援制度が充実しているので、子育て世代から団塊世代まで幅広い方々に安心して暮らしていただけます。
 さらに、美瑛町と旭川空港は車でたったの15分です。また、北海道の中央に位置しているため、道内どこへでも車で移動することができ、アクセスの良さはどの町にも負けません。遠くに住むご家族も気軽に遊びに行くことのできる町です。

地域概要

人口 9,882人(令和2年3月末現在)
面積 676.78㎢
世帯数 4,786世帯
高齢化率
アクセス 北海道上川郡美瑛町本町4丁目6番1号
主な産業 農業・観光業・飲食業・建設業・運輸サービス業
主な特産品 農畜産物の他、美瑛町の厳選された特産品だけを集めたプレミアムブランド「ビエイティフル」があります。ビエイティフル認定商品についてはウェブサイトをご参照ください。https://bieitiful.jp/products/
主な祭り・イベント 丘のまち びえい ヘルシーマラソン(6月)、十勝岳山開き(6月)、那智 美瑛火祭り(7月)、どかんと農業まつり(8月)、丘のまち びえい センチュリーライド(9月)、寬仁親王記念 丘のまち びえい 宮様国際スキーマラソン(2月)
観光情報サイト 一般社団法人 美瑛町観光協会
移住情報サイト 美瑛町ホームページ(移住・定住・空き家情報)
ふるさと納税サイト 美瑛町ホームページ(ふるさと納税)